富士急行線・富士急ハイランド駅が副駅名「トーマスランド」をつけ、『富士急ハイランド<トーマスランド>駅』として2020年3月12日リニューアル

富士急行線・富士急ハイランド駅が副駅名「トーマスランド」をつけ、『富士急ハイランド<トーマスランド>駅』として2020年3月12日リニューアル

富士急行線・富士急ハイランド駅が、人気キャラクター“きかんしゃトーマス”をテーマにしたデザインに一新するとともに、副駅名「トーマスランド」をつけ、『富士急ハイランド<トーマスランド>駅』として2020年3月12日(木)よりリニューアルオープンします。

富士急ハイランド内にある「トーマスランド」は、日本で唯一の“きかんしゃトーマス”の屋外テーマパークとして多くのお子様やご家族にご利用されています。その「トーマスランド」への玄関口となる『富士急ハイランド<トーマスランド>駅』は、横に並んで写真撮影を楽しめる改札口のトーマスモニュメントをはじめ、ホーム、待合室、線路を跨いだ壁面に至るまで、駅全体がトーマスやなかまたちがいっぱいの賑やかなデザインで彩られ、これから富士急ハイランドを楽しむお客様の期待感を高めます。

この度のリニューアルは、“きかんしゃトーマス”原作誕生75周年を記念して実施するもので、先行して「トーマスランド」では3月1日(日)より、園内が75周年のエンブレムやゴールドとブルーを基調とした華やかな装飾で彩られ、約70種類ものオリジナルグッズや嬉しいスーベニア付きメニューなどが続々と登場。さらに、“育む”をテーマにトーマスやなかまたちと触れ合いながら遊びを通して成長できる場所として、親子一緒に楽しめるワークショップや英語のクイズを取り入れたイベントなどを多数開催し、アニバーサリーイヤーを盛り上げる様々な企画を実施します。

富士急行線で「トーマスランド号」も好評運行中!

大月駅~河口湖駅間を結ぶ富士急行線では、青空にトーマスとなかまたちが描かれた「トーマスランド号」が運行しております。車内もトーマスやなかまたちがいっぱいの賑やかなデザインになっており、「トーマスランド」へ向かう旅路からわくわくする体験ができます。

©2020 Gullane (thomas) Limited.

最終更新日
2020-02-05 09:42:19
情報提供元
ジョルダン