西林寺

さいりんじ

聖武天皇の勅願により、天平13年に行基が開基したと伝えられています

一宮別当寺として徳威の里(松山市小野播磨塚あたり)に建てられました。そこで十一面観世音菩薩を刻んで本尊としました。その後、弘法大師がこの地を巡錫しているときに、現在地に寺を移し、伽藍を再興したといいます。本堂に蔵される本尊は秘仏であり、後ろ向きに置かれているとのことで、そのため本堂の裏側に回ってお参りする参詣者も多いそうです。

写真はありません

西林寺の地図・アクセス

場所
愛媛県松山市高井町1007

交通アクセス

公共交通機関で

伊予鉄道郊外電車横河原線久米駅から車で10分

周辺天気・おすすめ服装

西林寺周辺の天気予報、気温をおでかけ前にチェックしておこう。西林寺を見に行く際のおすすめの服装もご案内しています。

西林寺のクチコミ

西林寺に訪れた感想・見どころ情報などクチコミを募集しております。あなたの旅の思い出のクチコミお待ちしております!

最終更新日時:2016-11-16 17:51:47