偕楽園

かいらくえん

  • 県内2位

梅・桜・萩など四季折々の花が楽しめる

天保13年(1842)に水戸藩第9代藩主徳川斉昭により造られた庭園。金沢の兼六園、岡山の後楽園とともに日本三名園の一つとされる。園内には100種3000本の梅が植えられ、2月下旬~3月下旬には梅まつりが開かれるほか、春の桜とツツジ、秋には萩など、四季折々風情豊か。竹林や杉林などを巡る散策路も整備されている。

偕楽園
写真提供
茨城県観光物産協会
日付
2013-6

偕楽園

季節の情報をチェックしよう

偕楽園の地図・アクセス

場所
茨城県水戸市常磐町1-3-1
営業時間
本園 6:00~19:00(2/20~9/30)、7:00~18:00(10/1~2/19)

交通アクセス

公共交通機関で

JR偕楽園駅下車すぐ(偕楽園駅は季節営業)/JR水戸駅北口から「偕楽園」行きバスで約20分、「偕楽園」下車


詳しい情報はTEL:029-221-6570またはホームページにてご確認ください。

周辺天気・おすすめ服装

偕楽園周辺の天気予報、気温をおでかけ前にチェックしておこう。偕楽園を見に行く際のおすすめの服装もご案内しています。

偕楽園のクチコミ

総合評価:4.8点★★★★☆(5件)

「みお」さんからの投稿

評価
投稿日
2009-12-28

偕楽園も見事だけど周りの千波公園のスケールもスゴイよー まったりするにはオススメ

「ミー助」さんからの投稿

評価
投稿日
2008-10-21

桜の咲く頃ユキヤナギがそれは・それは素晴らしいです。スケールがスゴイのです!とにかくオススメです。


偕楽園のクチコミを投稿する

偕楽園に訪れた感想・見どころ情報などクチコミを募集しております。あなたの旅の思い出のクチコミお待ちしております!

最終更新日時:2017-08-04 17:40:22

広告を非表示にするには