銭形砂絵

ぜにがたすなえ

この砂絵を見ればお金に困らないともいわれ、多くの人が訪れている。

寛永10年(1633)、藩主の生駒高俊候の領内視察を歓迎して領民が一夜で作り上げたといわれている、時代劇『銭形平次』のタイトルバックでもお馴染みの寛永通宝を模った砂絵。琴弾山の頂上から見ると全体を見ることができるが、特にライトアップされた夜の姿が綺麗なのでぜひ見ておきたい。

銭形砂絵
写真提供
香川県観光協会
日付
2012-6

銭形砂絵

銭形砂絵
写真提供
香川県観光協会
日付
2012-6

ライトアップ

銭形砂絵の地図・アクセス

場所
香川県観音寺市有明町

交通アクセス

公共交通機関で

観音寺駅から徒歩20分


詳しい情報はTEL:0875-23-3933またはホームページにてご確認ください。

周辺天気・おすすめ服装

銭形砂絵周辺の天気予報、気温をおでかけ前にチェックしておこう。銭形砂絵を見に行く際のおすすめの服装もご案内しています。


銭形砂絵のクチコミ

銭形砂絵に訪れた感想・見どころ情報などクチコミを募集しております。あなたの旅の思い出のクチコミお待ちしております!

最終更新日時:2019-04-23 09:44:59