アサヒビール大山崎山荘美術館

あさひびーるおおやまざきさんそうびじゅつかん

陶芸品やアサヒビール初代社長山本爲三郎のコレクションなどを展示

関西の実業家、加賀正太郎が1911年~1917年に、天王山の山麓に自ら設計して建てた別荘を、1991年にアサヒビール社が景観保全のために買い取り、1996年に安藤忠雄氏に本館の修復および新館の設計を依頼して美術館としてオープンした。本館は、ハーフティンバー工法を用いた英国風の洋館であり、館内には河井寛次郎の陶芸品などアサヒビール初代社長山本爲三郎のコレクションを展示。半地下にある新館ではモネの「睡蓮」や現代彫刻などが並んでいる。

アサヒビール大山崎山荘美術館

アサヒビール大山崎山荘美術館の地図・アクセス

場所
京都府乙訓郡大山崎町大山崎銭原5
営業時間
10:00-17:00(入館は16:30まで)

料金

一般900円、高・大学生500円、中学生以下無料。


詳しい情報はTEL:075-957-3123またはホームページにてご確認ください。

周辺天気・おすすめ服装

アサヒビール大山崎山荘美術館周辺の天気予報、気温をおでかけ前にチェックしておこう。アサヒビール大山崎山荘美術館を見に行く際のおすすめの服装もご案内しています。

アサヒビール大山崎山荘美術館のクチコミ

アサヒビール大山崎山荘美術館に訪れた感想・見どころ情報などクチコミを募集しております。あなたの旅の思い出のクチコミお待ちしております!

最終更新日時:2019-06-26 11:52:25