眼鏡橋

めがねばし

  • 県内12位

川面に映る姿が眼鏡のように見える橋

寛永11年(1634)に興福寺の唐僧黙子禅師によって架けられた、日本最古のアーチ型の石橋である。古くから「めがね橋」の名で親しまれてきた。現在は国の重要文化財に指定されている。

眼鏡橋
写真提供
P.N.GAIYA
日付
2010-8

眼鏡橋

眼鏡橋の地図・アクセス

場所
長崎県長崎市古川町

交通アクセス

公共交通機関で

めがね橋電停から徒歩4分


詳しい情報は長崎市観光宣伝課(TEL:095-829-1314)にてご確認ください。

周辺天気・おすすめ服装

眼鏡橋周辺の天気予報、気温をおでかけ前にチェックしておこう。眼鏡橋を見に行く際のおすすめの服装もご案内しています。

眼鏡橋のクチコミ

総合評価:5点★★★★★(1件)

「さゆっち」さんからの投稿

評価
投稿日
2010-06-04

高校の修学旅行で眼鏡橋へ行きました!眼鏡橋の石垣にあるハートの石を友達と見つけて、写メをとって、保存しました。するとその6日後に出会いがあり、写メをとって約2ヶ月後にその人に告白されてとお付き合いしました。私ゎ17才で初めての彼氏ができて、今でもとてもラブラブです。ただの偶然かもしれませんが、こうゆうのって素敵だなと思いました。


眼鏡橋のクチコミを投稿する

眼鏡橋に訪れた感想・見どころ情報などクチコミを募集しております。あなたの旅の思い出のクチコミお待ちしております!

最終更新日時:2019-07-30 15:30:09