堂崎天主堂キリシタン資料館

どうざきてんしゅどうきりしたんしりょうかん

五島最古の洋風建造物の教会

明治12年堂崎にキリシタン復活の拠点として、パリ外国宣教会マルマン師によって仮聖堂が建立される。 赤煉瓦、ゴシック様式の現在の天主堂は明治41年に建てられた。 島内各地に小教区制が整うまで、五島における小ヴァチカン的な重責を果たしてきた教会。 県の有形文化財に指定されており、現在はキリシタンの弾圧や信仰に関する歴史資料を展示している。

堂崎天主堂キリシタン資料館
写真提供
長崎県観光連盟
日付
2014-4

堂崎天主堂キリシタン資料館

堂崎天主堂キリシタン資料館の地図・アクセス

場所
長崎県五島市奥浦町2019

交通アクセス

公共交通機関で

福江港よりバス「堂崎天主堂入口」下車

最寄りバス停

バス停留所堂崎天主堂入口〔五島自動車〕バス時刻表・バス路線図


詳しい情報はTEL:0959-73-0705にてご確認ください。

周辺天気・おすすめ服装

堂崎天主堂キリシタン資料館周辺の天気予報、気温をおでかけ前にチェックしておこう。堂崎天主堂キリシタン資料館を見に行く際のおすすめの服装もご案内しています。

堂崎天主堂キリシタン資料館のクチコミ

堂崎天主堂キリシタン資料館に訪れた感想・見どころ情報などクチコミを募集しております。あなたの旅の思い出のクチコミお待ちしております!

最終更新日時:2019-03-27 14:05:41