室生寺

むろうじ

女人の禁制を行わなかったため『女人高野』として親しまれている

奈良時代末、東宮(のちの桓武帝)の病気平癒を願った興福寺の僧賢憬(賢きょう(王へんに景) が創建。現在の寺観を整えたのは賢憬の弟子修円といわれる。その後、一時衰退したが、江戸時代元禄年間に5代将軍徳川綱吉の生母桂昌院の庇護を受け再興された。このころから、同じ真言宗で女人禁制だった高野山金剛峰寺に対し、室生寺は女人の参詣を許可。そのため女人高野と呼ばれ、女性の信仰を集めた。 境内には柿葺きの金堂(国宝)や弥勒堂(重要文化財)、檜皮葺きの本堂(国宝)などが散在。金堂には、本尊釈迦如来立像(国宝)をはじめ、十一面観音立像(国宝)など木造の貞観仏5体が安置されている。このほか、弥勒堂の釈迦如来坐像(国宝)などの優れた貞観仏が伝わる。屋外に立つ古塔としてはわが国最小の五重塔(国宝)(高さ16m)は、1998年の台風で大きく損壊したが、現在は修復されている。塔の左の道を登ると御影堂(重要文化財)のある奥の院がある。シャクナゲやモミジが境内を美しく彩ることでも有名。

室生寺
日付
2016-7

室生寺

季節の情報をチェックしよう

室生寺の地図・アクセス

場所
奈良県宇陀市室生78

詳しい情報はホームページにてご確認ください。

周辺天気・おすすめ服装

室生寺周辺の天気予報、気温をおでかけ前にチェックしておこう。室生寺を見に行く際のおすすめの服装もご案内しています。

室生寺のクチコミ

総合評価:4点★★★★☆(1件)

「まほろば」さんからの投稿

評価
投稿日
2009-03-31

日本最小の五重塔は、想像以上に小さいものでした。奥の院までの階段もきついので体力使います。


室生寺のクチコミを投稿する

室生寺に訪れた感想・見どころ情報などクチコミを募集しております。あなたの旅の思い出のクチコミお待ちしております!

最終更新日時:2019-05-23 13:49:50