長岳寺

ちょうがくじ

四季の花々が咲き誇るお寺、貴重な仏教美術も

天長元(824)年、淳和天皇の勅願により、空海が大和神社の神宮寺として開いたといわれる古刹。かつては大寺だったが、兵火と廃仏毀釈により衰微した。平安時代の端正な鐘楼門(重要文化財)は創建当初唯一の遺構で、楼門と鐘楼を兼ねている。また、江戸初期の重要建築物である宝形造の延命殿も現存している。 本尊の阿弥陀三尊像(重要文化財)は玉眼を使った仏像としては日本最古のもので、藤原時代末期の作。秋には横11m、縦4mの大地獄絵が開帳される。庫裏(重要文化財)では名物の三輪そうめんを食べることができる。平戸ツツジの名所としても知られる。 大地獄絵図は狩野山楽の筆でその法量の大きさ、図の精緻さは他に例を見ない。住職による絵解き説法「閻魔のなげき」が適時行われる。

写真はありません

季節の情報をチェックしよう

長岳寺の地図・アクセス

場所
奈良県天理市柳本町508

交通アクセス

公共交通機関で

JR桜井線柳本駅からタクシーで約5分


詳しい情報はホームページにてご確認ください。

周辺天気・おすすめ服装

長岳寺周辺の天気予報、気温をおでかけ前にチェックしておこう。長岳寺を見に行く際のおすすめの服装もご案内しています。

長岳寺のクチコミ

長岳寺に訪れた感想・見どころ情報などクチコミを募集しております。あなたの旅の思い出のクチコミお待ちしております!

最終更新日時:2019-05-23 13:49:49