神魂神社

かもすじんじゃ

現存する大社造り社殿では最も古く、国宝となっている

『古事記』で大八嶋(日本列島)を造ったとされる伊邪那美命(伊弉冉命)を祀るため、出雲国造家の祖・天穂日命が創建したと伝わる古社。国宝の高床式の本殿は、天正11年(1583)の大火の後の建造とされ、現存する大社造りの社殿としては最古だ。屋根の千木の先端が水平になっていて、垂直になった出雲大社が男造りとよばれるのに対し、女造りとよばれる。

神魂神社
写真提供
島根県観光協会
日付
2012-6

神魂神社

神魂神社
写真提供
島根県観光協会
日付
2012-6

神魂神社

神魂神社2

季節の情報をチェックしよう

神魂神社の地図・アクセス

場所
島根県松江市大庭町377

交通アクセス

公共交通機関で

JR松江駅から「八雲」行一畑バス利用20分「風土記の丘入口」下車徒歩10分


詳しい情報はTEL:0852-55-5214にてご確認ください。

周辺天気・おすすめ服装

神魂神社周辺の天気予報、気温をおでかけ前にチェックしておこう。神魂神社を見に行く際のおすすめの服装もご案内しています。

神魂神社のクチコミ

総合評価:5点★★★★★(1件)

「法学部生」さんからの投稿

評価
投稿日
2018-12-07

市バスの一部が松江しんじ湖温泉駅・松江駅から八重垣神社経由でかんぶの里迄土曜休日に運転され 縁結びパーフェクトチケットや市バス1日券などのフリー切符で 八重垣神社と合わせて観光できる


神魂神社のクチコミを投稿する

神魂神社に訪れた感想・見どころ情報などクチコミを募集しております。あなたの旅の思い出のクチコミお待ちしております!

最終更新日時:2019-05-22 17:59:52