本間美術館

ほんまびじゅつかん

本間家が受け継いでいる美術品や茶道の器物が展示されている

本館と庭園は、本間家四代光道が文化10年(1813)に港湾労働者(丁持)の冬期失業対策事業として築造した旧別荘。藩政時代は庄内藩主や幕府要人を接待し、明治以降は皇族や政府高官、文人墨客を接待する酒田の迎賓館だった。館内には本間家が代々大名から拝領した品や当主が好んだ茶道の器物などを展示している。

本間美術館
写真提供
山形県
日付
2016-3

本間美術館

本間美術館の地図・アクセス

場所
山形県酒田市御成町7-7
営業時間
[4-10月]9:00-17:00[11-3月]9:00-16:30(入館は30分前まで)

交通アクセス

公共交通機関で

酒田駅より徒歩5分


料金

大人1000円、学生450円、小・中学生は無料。


詳しい情報はTEL:0234-24-4311またはホームページにてご確認ください。

周辺天気・おすすめ服装

本間美術館周辺の天気予報、気温をおでかけ前にチェックしておこう。本間美術館を見に行く際のおすすめの服装もご案内しています。

本間美術館のクチコミ

本間美術館に訪れた感想・見どころ情報などクチコミを募集しております。あなたの旅の思い出のクチコミお待ちしております!

最終更新日時:2019-04-09 12:05:45