みんなの駅弁クチコミ情報 2ページ目

「食通ではない」さんからの投稿@元祖特撰牛肉弁当

評価
投稿日
2018-09-21

非常に落胆したので投稿する。牛肉は4センチ角程度が2切れ。スジが多く硬くなるのか肉はスジ切だらけでミンチの一歩手前の惨めな状態。なのにスジが残っている。松坂牛ではなく松坂の精肉屋からの仕入れを誇張されてるが何処産なのか言えない始末。。。付け合わせはカスカスのポテトフライにナルト…って。これで1350円なぜ高評価なのか謎である。買わないことを強くオススメする。と同時に歴史ある弁当屋なら常に期待を上回る弁当を作ってくれ。

「旅人K」さんからの投稿@いくらたらこめし

評価
投稿日
2018-09-16

魚沼産コシヒカリの白飯の上に、メインのイクラとタラコが乗り、シイタケ煮、錦糸玉子、きざみのりが脇を固めている、といった印象です。お米が魚沼産コシヒカリだけあって、冷めていてもとてもおいしく感じました。弁当の白飯というと、時間が経つとどうしてもベタッとなり固まってしまいますが、これは違いました。お茶碗に盛った直後のようなフワフワ感が、見事に残っていました!タラコの量がもう少しあれば…。

「川崎市民っす!」さんからの投稿@ヒレとロースのWかつ丼

評価
投稿日
2018-09-14

2018年1〜2月に実施された、【JR東日本 機動戦士ガンダムスタンプラリー 行きまーす!】という企画に合わせて、JR東京駅にて発売された作品です。掛け紙に記された「敢えて言おう、『かつ』であると。」というフレーズは、ガンダムのアニメ劇中の登場人物のギレン・ザビ総帥がその演説シーンの中で語った「敢えて言おう、カスであると。」というフレーズのパロディーです。見る人が見たら、「おっ!」と思えるフレーズですね。ヒレ肉とロース肉のWでカツが楽しめる作品ですが、売り切れていることも多かったことから、購入するのに苦労しました〜。

「川崎市民っす!」さんからの投稿@MINIプレミアムシウマイ弁当

評価
投稿日
2018-09-14

横浜駅弁ロングセラーのシウマイ弁当に、最近は「亜種」が続々と誕生しています。この作品はその一種。一般的なシウマイ弁当に入っている【昔ながらのシウマイ】に加え、1ランク高級指向の【特製シウマイ】や、エビの包まれた【えびシウマイ】が添えられ、食べくらべが楽しめます。MINIな駅弁なだけに、全体的な量は少な目。高級路線として、お弁当の質を高くして小さく凝縮した作品と言えそうですね。

「たけ」さんからの投稿@夏のお弁当

評価
投稿日
2018-09-14

2018年夏発売の、夏季限定駅弁です。9つに分けられた四角い箱の中に、ナスとズッキーニの香草チーズ焼き、キャベツやトマトにコーンを散らしたピラフなどが詰められ、夏の季節感満載の内容となっています。豚肉とカシューナッツは駅弁では珍しいかもしれません。最後はライチとオレンジでさっぱりと。

「岡崎の旅行好き」さんからの投稿@港あじ鮨

評価
投稿日
2018-09-12

この駅弁はワサビを自分の手ですって醤油につけて食べるのがとても美味しかった印象が残った駅弁でした。ただちょっと人気が高すぎるせいか、先日沼津駅までわざわざ出向いたのに残念ながら売り切れでした。でもそれほど美味しい駅弁という証拠だと思います。次回は早めに駅へ伺って購入したいと思いました。

「なりひら」さんからの投稿@シウマイ弁当

評価
投稿日
2018-09-04

このお弁当の美味しさは、白米にあります。冷めても美味しいようにと蒸気で一気に炊きあげているとのこと。いわゆる名物弁当は、一点豪華主義ですが、このシウマイ弁当は、幕の内弁当とは違う意味で様々な味が楽しめる逸品です。更には、価格も魅力的。2018年9月1日から830円から860円になりましたが、それでも1000円以下で買えて、満腹感を味わえる駅弁は、全国的にも貴重なものです。

最終更新日時:2018-10-18 15:55:24

広告を非表示にするには