勝浦 高照寺

かつうらこうしょうじ

千葉県の県指定天然記念物の乳公孫樹

高照寺境内の墓地にあるイチョウの奇樹で大きな乳柱が多く発生しているために乳公孫樹といわれています。百年ほど前の勝浦火災のとき、主幹の上部が枯損し樹高は10m余りですが樹冠は大きく広がりホーキ状になっています。大小合わせて100以上の乳房が垂れ下がっているといわれています。  本樹にまつわる寺伝では「千余年の昔、一聖僧この地で法華経読誦により里人の乳不足で悩める婦人を治し乳飲み子の成長を容易にしたという。僧の死後里人、徳を偲び墓上にイチョウを一樹植えたところ、成長するにつれ乳柱を生じて乳汁不足の者は来り詣で、これを治すに効能顕著なり」と記されています。

勝浦 高照寺
勝浦 高照寺

勝浦 高照寺2

勝浦 高照寺の地図・アクセス

場所
千葉県勝浦市勝浦49

詳しい情報はホームページにてご確認ください。

周辺天気・おすすめ服装

勝浦 高照寺周辺の天気予報、気温をおでかけ前にチェックしておこう。勝浦 高照寺を見に行く際のおすすめの服装もご案内しています。

勝浦 高照寺のクチコミ

勝浦 高照寺に訪れた感想・見どころ情報などクチコミを募集しております。あなたの旅の思い出のクチコミお待ちしております!

最終更新日時:2019-04-11 16:40:12