鎌ヶ谷大仏

かまがやだいぶつ

  • シンボル・像

高さ1.8mの露座の大仏は、「鎌ヶ谷大仏」として親しまれている

安永5年(1776)に鎌ヶ谷大仏宿の大黒屋文右衛門が祖先の供養のために建立した阿弥陀如来像で、高さ1.8mの露座の大仏である。昭和47年(1972)には鎌ヶ谷市の文化財にも指定されている。

最終更新日時:2018-10-31 10:18:05

鎌ヶ谷大仏
写真提供「©(公社)千葉県観光物産協会」

鎌ヶ谷大仏の地図・アクセス

場所
千葉県鎌ケ谷市鎌ガ谷1-5
交通アクセス<公共交通機関>
新京成鎌ヶ谷大仏駅から徒歩2分

詳しい情報はTEL:047-445-1141にてご確認ください。

周辺天気・おすすめ服装

鎌ヶ谷大仏周辺の天気予報、気温をおでかけ前にチェックしておこう。鎌ヶ谷大仏を見に行く際のおすすめの服装もご案内しています。

鎌ヶ谷大仏のクチコミ

鎌ヶ谷大仏に訪れた感想・見どころ情報などクチコミを募集しております。あなたの旅の思い出のクチコミお待ちしております!

\写真や思い出をシェアしよう!/

クチコミを書くクチコミを書く
写真を投稿する写真を投稿する

\施設運営者からの耳より情報/
ぜひお寄せください!

ご連絡フォーム