慈眼寺(群馬)

じげんじ

天から降り注ぐ滝のように咲くしだれ桜が見事

まるで天から降り注ぐ滝のように咲くしだれ桜が見事な歴史ある寺。開創は奈良の東大寺初代別当良弁僧正。大師堂西には、宗祖である弘法大使が諸国歴遊中、この寺で護摩修行をしたという炉石が現存している。名物になっているしだれ桜は、南北朝時代に足利尊氏の命により、当時の住職により植栽されたものだという。

慈眼寺(群馬)
日付
2016-7

慈眼寺(群馬)

季節の情報をチェックしよう

慈眼寺(群馬)の地図・アクセス

場所
群馬県高崎市下滝町19

交通アクセス

公共交通機関で

高崎駅からバスで約20分、「慈眼寺裏」下車徒歩2分


詳しい情報は慈眼寺(TEL:027-352-8365)またはしだれ桜の慈眼寺ホームページにてご確認ください。

周辺天気・おすすめ服装

慈眼寺(群馬)周辺の天気予報、気温をおでかけ前にチェックしておこう。慈眼寺(群馬)を見に行く際のおすすめの服装もご案内しています。

慈眼寺(群馬)のクチコミ

総合評価:5点★★★★★(1件)

「美瑛富良野」さんからの投稿

評価
投稿日
2012-04-12

2012年4月の第二日曜日に、青空の中に満開のシダレ桜を見ることが出来ました。境内には沢山の見学者がおられましたが、ノンビリと春を楽しむ事が出来ました。来年以降も見に来たいです。


慈眼寺(群馬)のクチコミを投稿する

慈眼寺(群馬)に訪れた感想・見どころ情報などクチコミを募集しております。あなたの旅の思い出のクチコミお待ちしております!

最終更新日時:2019-01-22 10:32:29