大雄山最乗寺

だいゆうざんさいじょうじ

天狗伝説がのこる曹洞宗の寺院。

128ヘクタール 東京ドーム27個分の敷地面積を誇る広大な境内があり、紅葉・紫陽花など季節の景色を楽しめることで知られています。応永元年(西暦1394)に建立された。境内には様々な天狗様や、天狗の下駄という意味合いで、世界一と言われる下駄をはじめ、大小さまざまな下駄が滞納してあるといいます。天狗の像が結界門や奥の院参道石段にあるので探してみよう。

大雄山最乗寺

季節の情報をチェックしよう

大雄山最乗寺の地図・アクセス

場所
神奈川県南足柄市大雄町1157

交通アクセス

公共交通機関で

大雄山駅からバス 道了尊下車

最寄りバス停

バス停留所道了尊〔伊豆箱根バス〕バス時刻表・バス路線図

お車でお越しの方

大井松田インター 下車 20分で 道了尊へ。


詳しい情報は大雄山最乗寺(TEL:0465-74-3121)または大雄山最乗寺ホームページにてご確認ください。

周辺天気・おすすめ服装

大雄山最乗寺周辺の天気予報、気温をおでかけ前にチェックしておこう。大雄山最乗寺を見に行く際のおすすめの服装もご案内しています。

大雄山最乗寺のクチコミ

大雄山最乗寺に訪れた感想・見どころ情報などクチコミを募集しております。あなたの旅の思い出のクチコミお待ちしております!

最終更新日時:2018-12-21 09:12:09