霊厳洞

れいがんどう

宮本武蔵が兵法の極意書である「五輪書」を著した場所

雲巌禅寺の境内にある洞窟。宮本武蔵がこの洞窟にこもって兵法の極意書である「五輪書」を著した場所として広く知られている。洞内は拝観しやすいよう木床となっており、岩戸観音が安置される拝殿や岩肌に雲巌寺の開祖・東陵永與によって刻まれた「霊巌洞」の文字なども見受けられる。毎年5月19日の武蔵の命日には現在でも残る師範家が霊巌洞で「二天一流」と呼ばれる剣法を奉納し、先師の霊を弔っている。

霊厳洞
写真提供
熊本県提供
日付
2016-9

霊厳洞

霊厳洞の地図・アクセス

場所
熊本県熊本市西区松尾町

交通アクセス

公共交通機関で

熊本交通センターより産交バス(芳野経由河内温泉行き)にのり「岩戸観音入口」にて下車後、徒歩20分。

周辺天気・おすすめ服装

霊厳洞周辺の天気予報、気温をおでかけ前にチェックしておこう。霊厳洞を見に行く際のおすすめの服装もご案内しています。

霊厳洞のクチコミ

霊厳洞に訪れた感想・見どころ情報などクチコミを募集しております。あなたの旅の思い出のクチコミお待ちしております!

最終更新日時:2018-10-18 17:01:41