雲巌禅寺

うんがんぜんじ

霊巌堂や五百羅漢のある霊験あらたかなお寺

金峰山の西麓にあり、南北朝時代に日本に渡来した元の禅僧・東陵永よ(とうりょうえいよ)が建立したと伝えられる曹洞宗の寺。九州西国三十三観音第14番霊場としても知られる。隣接する雲巌禅寺宝物館には、霊巌洞にこもり「五輪書」を書いた宮本武蔵の木刀、自画像などを収蔵。熊本市立熊本博物館には、東陵永よの木像が展示されており、鎌倉時代の作風を残す室町時代の優れた作品として国の重要文化財に指定されてる。

雲巌禅寺
日付
2016-9

雲巌禅寺

雲巌禅寺の地図・アクセス

場所
熊本県熊本市松尾町平山

周辺天気・おすすめ服装

雲巌禅寺周辺の天気予報、気温をおでかけ前にチェックしておこう。雲巌禅寺を見に行く際のおすすめの服装もご案内しています。

雲巌禅寺のクチコミ

雲巌禅寺に訪れた感想・見どころ情報などクチコミを募集しております。あなたの旅の思い出のクチコミお待ちしております!

最終更新日時:2018-10-18 14:30:59