通潤橋

つうじゅんきょう

1854年に完成した日本最大の石造りの水道橋。

今も水路として利用されており、田畑を潤している。橋の中央にある放水口は通水管の中に溜まった土砂などを掃除するためのもので定期的に放水が行なわれている。アーチを描いて流れ落ちる水流や、たもとを流れる五老ケ滝川にかかる虹の光景に惹かれて、観光客も多く訪れる。

通潤橋
写真提供
くまもと写真館
日付
2015-7

通潤橋

通潤橋の地図・アクセス

場所
熊本県上益城郡山都町下市

交通アクセス

公共交通機関で

JR熊本駅から市バスで「熊本交通センター」へ、「熊本交通センター」で熊本バスで「矢部」行きまたは「馬見原」行きで約1時間25分、「浜町営業所」バス停から徒歩15分

周辺天気・おすすめ服装

通潤橋周辺の天気予報、気温をおでかけ前にチェックしておこう。通潤橋を見に行く際のおすすめの服装もご案内しています。

通潤橋のクチコミ

通潤橋に訪れた感想・見どころ情報などクチコミを募集しております。あなたの旅の思い出のクチコミお待ちしております!

最終更新日時:2019-06-20 11:49:27