平戸オランダ商館

ひらどおらんだしょうかん

貿易の窓口が出島に移った際に取り壊された商館の敷地跡

鎖国を行なっていた江戸時代、初めてオランダ商船が平戸に入港した際に当時の藩主松浦隆信は商館を立てることを許可し、倉庫や住居と共に建設された。当時の塀であったオランダ塀をはじめ、オランダ井戸やオランダ埠頭、常灯の鼻、オランダ倉庫の壁、そしてオランダ商館跡の記念碑が残されている。

平戸オランダ商館
写真提供
長崎県観光連盟
日付
2014-4

オランダ商館跡

平戸オランダ商館の地図・アクセス

場所
長崎県平戸市崎方町

交通アクセス

公共交通機関で

松浦鉄道たびら平戸口駅からバス(平戸桟橋行き)乗車、「平戸桟橋」下車し徒歩約5分


詳しい情報は平戸市文化交流課(TEL:0950-22-4111)または平戸市文化交流課ホームページにてご確認ください。

周辺天気・おすすめ服装

平戸オランダ商館周辺の天気予報、気温をおでかけ前にチェックしておこう。平戸オランダ商館を見に行く際のおすすめの服装もご案内しています。

平戸オランダ商館のクチコミ

平戸オランダ商館に訪れた感想・見どころ情報などクチコミを募集しております。あなたの旅の思い出のクチコミお待ちしております!

最終更新日時:2017-10-11 16:02:24