鵜殿石仏群

うどのせきぶつぐん

断崖の岩壁に彫られた磨崖仏で、その数60体近くにものぼる。

そのほとんどは14から15世紀の南北朝から室町時代に彫られたものである。かつて大同元年(806)に空海がこの地に立ち寄り、阿弥陀如来、釈迦如来、観音菩薩の3体を彫ったのが始まりと伝えられている。

写真はありません

鵜殿石仏群の地図・アクセス

場所
佐賀県唐津市相知町相知

交通アクセス

公共交通機関で

JR相知駅から徒歩20分


詳しい情報は相知町観光協会(TEL:0955-62-2111)にてご確認ください。

周辺天気・おすすめ服装

鵜殿石仏群周辺の天気予報、気温をおでかけ前にチェックしておこう。鵜殿石仏群を見に行く際のおすすめの服装もご案内しています。

鵜殿石仏群のクチコミ

鵜殿石仏群に訪れた感想・見どころ情報などクチコミを募集しております。あなたの旅の思い出のクチコミお待ちしております!

最終更新日時:2016-11-16 17:51:47