芥川龍之介生育の地

あくたがわりゅうのすけせいいくのち

  • 史跡

大作家「芥川龍之介」の生育の地

芥川龍之介は明治25年(1892)3月1日、東京市京橋区入船町8-1に牛乳搾取販売業耕牧舎を営む新原敏三・ふくの長男として生まれました。辰年辰の日辰の刻の生まれにより龍之介と命名されたと言います。生後7ヶ月で生母ふくの病のため、当時本所区小泉町15番地に住んでいたふくの長兄、芥川道章に引き取られ、後13歳の時、芥川家の養子となりました。

最終更新日時:2016-11-16 17:51:47

芥川龍之介生育の地
2011-10 芥川龍之介生育の地

芥川龍之介生育の地の地図・アクセス

場所
東京都墨田区両国3-22

周辺天気・おすすめ服装

芥川龍之介生育の地周辺の天気予報、気温をおでかけ前にチェックしておこう。芥川龍之介生育の地を見に行く際のおすすめの服装もご案内しています。

芥川龍之介生育の地のクチコミ

芥川龍之介生育の地に訪れた感想・見どころ情報などクチコミを募集しております。あなたの旅の思い出のクチコミお待ちしております!

\写真や思い出をシェアしよう!/

クチコミを書くクチコミを書く
写真を投稿する写真を投稿する

\施設運営者からの耳より情報/
ぜひお寄せください!

ご連絡フォーム