「来訪神:仮面・仮装の神々」のユネスコ無形文化遺産に登録へ

「来訪神:仮面・仮装の神々」のユネスコ無形文化遺産に登録へ

秋田のナマハゲなど、無形文化遺産保護条約政府間委員会の評価機関より「記載」の勧告がされました

「来訪神:仮面・仮装の神々」のユネスコ無形文化遺産代表一覧表への記載は,地域の人々の絆(きずな)としての役割を果たしている無形文化遺産の保護・伝承の事例として,国際社会における無形文化遺産の保護の取組に大きく貢献するものであるとして、国指定重要無形民俗文化財である「来訪神」行事 10 件が記載の勧告を受けました。
・甑島(こしきじま)のトシドン(鹿児島県薩摩川内市)
・男鹿(おが)のナマハゲ(秋田県男鹿市)
・能登(のと)のアマメハギ(石川県輪島市・能登町)
・宮古島(みやこじま)のパーントゥ(沖縄県宮古島市)
・遊佐(ゆざ)の小正月行事(山形県遊佐町)
・米川(よねかわ)の水かぶり(宮城県登米市)
・見島(みしま)のカセドリ(佐賀県佐賀市)
・吉浜(よしはま)のスネカ(岩手県大船渡市)
・薩摩硫黄島(さつまいおうじま)のメンドン(鹿児島県三島村)
・悪石島(あくせきじま)のボゼ(鹿児島県十島村)

写真:男鹿ナビ

最終更新日
2018-10-25 13:31:36
情報提供元
ジョルダン

広告を非表示にするには