石井茶碗美術館

いしいちゃわんびじゅつかん

茶碗研究の権威「石井規源斎」が収集した茶碗を展示する美術館

江戸時代初期の古萩を中心に、萩焼の原点といえる高麗、瀬戸、伊万里などのコレクションを公開。茶碗の収集家として知られた石井憲太郎氏が集めたものだ。併せて、第12代坂倉新兵衛や第10代三輪休雪の抹茶茶碗など、一流萩焼作家の作品も展示してあるので、萩焼を系統的に知り、理解を深めるには格好の美術館になっている。

写真はありません

石井茶碗美術館の地図・アクセス

場所
山口県萩市南古萩町33-3
営業期間
休館日:月曜
営業時間
09:00-12:00、13:00-16:00

交通アクセス

公共交通機関で

JR駅から萩循環まぁーるバス「西回りコース(晋作くん)」利用12分、「萩美術館浦上記念館前・萩地方合同庁舎前」下車徒歩5分


料金

大人500円、小中高生300円。


詳しい情報はTEL:0838-22-1211にてご確認ください。

周辺天気・おすすめ服装

石井茶碗美術館周辺の天気予報、気温をおでかけ前にチェックしておこう。石井茶碗美術館を見に行く際のおすすめの服装もご案内しています。

石井茶碗美術館のクチコミ

石井茶碗美術館に訪れた感想・見どころ情報などクチコミを募集しております。あなたの旅の思い出のクチコミお待ちしております!

最終更新日時:2016-12-08 10:20:22